文字サイズ
研究科案内

ホーム > 研究科案内 > 研究科長の挨拶

研究科長の挨拶

国際コミュニケーション研究科 研究科長 高橋 貴

国際コミュニケーション研究科
研究科長 高橋 貴

国際コミュニケーション研究科は、国際的にも国内的にもグローバル化が進行し、同時にローカルな視点も求められる状況のなかで幅広く活躍できる人材の育成を目指し、平成14年4月に設立されました。今年で11年目を迎えますが、この間、国際コミュニケーション学部の卒業生はもとより、中国、韓国など諸外国からの留学生、幅広い年齢層の社会人を多数受け入れてきました。

当研究科は3つの研究領域で構成されます。第一は、英語と日本語に関する専門知識と運用能力に重点を置いた言語コミュニケーション研究、第二は、国際関係分野での国際関係論、国際ビジネスと異文化理解に関する研究、第三は、文化人類学・民俗学の視点を取り入れた多文化間比較研究です。

院生はいずれかの領域に属し、指導教授のもとで研究に取り組みますが、同時に履修の上で他領域の教員や院生と交流することが要請されます。また海外でフィールドワークを行い、現場に身を置きながら思考し研究することも期待されます。年度末には公開の修士論文口述試験が行われ、その研究成果が問われます。

私たちはこうした多面的な研究教育環境が、柔軟な思考力と豊かな国際感覚を身につけ、研究に真摯に取り組む人材を作り上げていくものと考えています。微力ではありますが、構成員一同で未来の人材育成に取り組む所存です。