文字サイズ
受験生へ

ホーム > 受験生へ

受験生へ

研究科の特色

国際コミュニケーション研究科に関する学問領域は広範囲にわたりますが、次の3つの領域のいずれかを主要に研究することになります。
同時に、これら3領域を組み合わせた教育プログラムによって国際性における幅と奥行きの実現を図ります。

言語コミュニケーション研究領域

国際的なコミュニケーション媒体としての英語に関する専門的知識と運用能力に力点を置く«英語部門»と、日本語教育者をめざす人のための«日本語部門»から成っています。

国際関係研究領域

国際関係と国際ビジネスの知識に力点を置いて社会科学的思考・メソッドの開発修得をめざします。

多文化間比較研究領域

文化人類学・フォークロア及びフィールドワークの構想力と思考方法に基づいて多種多様な文化を理解する柔軟な姿勢を養います。

取得可能な資格

  • 中学校教諭専修免許状 外国語(英語)・社会
  • 高等学校教諭専修免許状 外国語(英語)・地理歴史

※いずれも、大学学部で中学校・高等学校教諭1種免許状を取得していることが必要です。

修了後の進路

  • 日本企業
  • 外国企業
  • 日本の大学の博士後期課程進学
  • 外国の大学の博士後期課程進学
  • 高等学校教諭
  • 日本の大学教員